投資を始めたいと漠然と思っていても、実は投資にも種類が様々あります。自分にはどんな投資が向いているか考えてみましょう。

  • ホーム
  • 投資尺度を即時に判断する方法

投資尺度を即時に判断する方法

投資を行い利益を上げることは非常に難しいものです。
その為、多くの人はその際に投資尺度を利用していることと思います。
しかし投資尺度には様々な種類があり、目的や投資回収のタイミングなどによって使い分けることが必要です。
投資尺度として良く使われるものとして、PERや、PBRが有ります。

PERは株価収益率とも言われ、株価が1株当たり利益の何倍かを示すもので、現在の企業の業績と株価の追従性を示すもので、このPERが小さいほど収益性が高く株価が高騰する可能性があると言われています。
一方、PBRは1株当たり純資産の何倍かを示すもので、株価純資産倍率とも言われ、この値が小さいほど自己資金で堅実な経営を行っている経営が安定している会社と言われます。
このPERやPBRは現在の企業の経営状態を経済的に把握するためには良い尺度で、特に即時に投資を判断するには良い尺度と言われます。

一般的に株価は投資家の投資状況や経営状態に影響を受けるものですが、その値は外的要因により変動してしまうものです。
その為、急激に株価が高騰した場合、その時点でのPERを見ることでその企業が高い株価による期待を受け止められる体力が有る会社かどうかが分かるのです。
このPERを見ることで企業の体力が即時に判断できます。

また、PBRは企業の潜在体力を見るのに良い尺度で、株価の値に対して企業の純資産が分かるので、経営状態が悪化したときに倒産する危険性が高いかどうかが判断できます。
一般的に純資産の少ない会社が経営難に陥ると即時倒産の危険が高いものです。
このように、尺度の意味を知っておくことで、企業の状態や今後の展望を即時に判断する古都が出来る様になります。